ダ・ヴィンチ - ワラウ

ひとつの会社で勤め上げる時代は終わり? 自分の「一歩」をどう踏み出すか? 守屋実さんインタビュー

2020年7月31日

  • 『新しい一歩を踏み出そう! 会社のプロではなく、仕事のプロになれ!』(守屋実/ダイヤモンド社)

    「この本はぜひ読んだほうがいい!」と、知り合いからある本をすすめられた。新規事業立ち上げのプロで、フリーランス協会の理事も務められている守屋実さんの初となる著書『新しい一歩を踏み出そう! 会社のプロではなく、仕事のプロになれ!』(ダイヤモンド社)だ。数々の事業を連続して(2018年には4月に介護業界に特化したマッチング・プラットフォーム「ブティックス」、5月にネット印刷の「ラクスル」と2カ月連続で)上場に導き、関わってきた事業での「自分の名刺」は名刺ケース1冊分に及ぶという話に興味を抱き、取材した。
     
    ――「起業の心得」というメモを30年続けられているということに驚きました。本書を書くとき、メモは度々振り返られましたか?
     
     普段からしょっちゅう振り返っているので、本を書くときにわざわざ振り返ったりはしなかったです。常に辞書のように使っているので、必要なときに必要なだけ使っているという感じですね。


    ――日頃から読んでいて血肉になっているという感じなのですね。そういったメモの中に、「人は動いたようになる」という言葉がありました。これから本書を読む方のために、この言葉についてあらためて聞かせてください。


    「新しい一歩」というのは、毎日踏み出しているような人にとっては何でもないことですけど、日々踏み出していない人からすると怖いと思うんですよね。たとえば僕は「会社を作る」ということは何遍もやっているので、何とも思わないです。日常的なことだと思っています。でも今まで会社を作ったことがない人からすると、人生の一大決心だと思うんですよね。そういった差がでるものだと思っています。
     
     最悪なのは、歩いているフリをして足踏みしている人。所詮足踏みなので、足が前に出ないはず。でも「自分は歩いてるんだ」って言うんですね。多分そういう人は、いざというときにできないと思うんです。足踏みしている人は足踏みがクセになっているから、いざというときにも足踏みしてしまう…そういうのはもったいないなと思います。

    続きを読む