ダ・ヴィンチ - ワラウ

変化を味方につけて、より豊かな人生に最適化しよう! 勝間和代さんインタビュー

2020年7月31日

  • 『圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100』(勝間和代/KADOKAWA)

     経済評論家で、年間500冊もの読書量を長年維持する勝間和代さん。


     仕事や家事、健康管理など、あらゆる物事の効率化マニアとして知られ、新刊『圧倒的に自由で快適な未来が手に入る! 勝間式ネオ・ライフハック100』(KADOKAWA)は、変化の激しい今を生き抜くヒントにあふれていると評判です。


     ネオとは「新しい」、ライフハックとは「人生を豊かにする方法」という意味。その極意について伺いました。



    ――ズバリ、人生を豊かにする極意とは?


    勝間和代さん(以下、勝間):働き方も暮らし方も、コミュニケーションのとり方も、変化に逆らうのではなく、変化を味方につけるのが最大のポイントです。「奇貨(きか/利用すれば思わぬ利益を得られそうな事柄や機会)」という言葉がありますが、起きたことをすべて、よい方向に変えるきっかけとして捉えるわけです。


     コロナ禍も奇貨になし得ると思いますが、そう思えないのは先が見えないからです。ウイルスの実態や感染状況、対応策などでも不透明なことが多く、今後、より悪いことが起きるのではないか、という不安ばかりふくらみますよね。そういうときに、変化に逆らうと、本当に悪いことが起きるのが世の常です。変化に適応するように心がけることをお勧めします。


    ――実際、勝間さんは約2カ月の外出自粛期間中に、さまざまな生活の改善を図られたそうですね。


    勝間:はい、トレーニングのオンライン化にデスクトップパソコンの動作音の静寂化、寝室の瞑想ルーム化、VRヘッドセットの一新、洗濯機の60度洗いや90度洗いの活用など、数えたらザッと15個以上ありました。ずっとしよう、しようと思い続けてできなかったことばかり。おかげで生活が一気に向上しました。


     現状維持を脱するのって、よほどのインパクトのある機会がないとできないんです。逆の言い方をすると、現状維持を脱せるほどの出来事が起きるのはチャンスということ。世間一般にも、テレワークが浸透して働き方改革が進みましたよね。そのおかげで、満員電車や無駄に長い会議、疲れる人間関係などから開放されて、QOLが上がった人が多いのではないか、と。

    続きを読む