ダ・ヴィンチ - ワラウ

話題作『消えたママ友』の作者・野原広子さんと編集者・松田紀子さんが対談! 40歳過ぎでのデビューから作品裏話まで

2020年8月1日

  • ママ友同士のリアルな人間関係を描いた野原広子さんのコミックエッセイ『消えたママ友』。6月25日の発売直後にはSNSでタイトルがトレンドワード入りするなど、今大きな話題を呼んでいます。また集英社「よみタイ」で連載中の『妻が口をきいてくれません』がツイッターで賛否両論を引き起こしたのも記憶に新しいところ。そんな注目を集め続ける作者の野原広子さんと『消えたママ友』を手掛けた編集者の松田紀子さんが対談を実施。連載時の裏話や作品作りへの思いについてとことんお話ししていただきました。


    ――野原さんは40歳過ぎで漫画家デビューされたそうですが、そのきっかけについて教えてください。


    野原広子さん(以下、野原):母が亡くなってやる気を失い1年くらいぼーっとしていた時期があったんです。その時、中学生だった娘に「いいかげん何かしなよ」と言われて、漫画でも描いてみようかなと。


    松田紀子さん(以下、松田):それでコミックエッセイプチ大賞にご応募いただいたんですよね。


    野原:応募するにあたって「ありきたりな内容じゃ賞は取れないよね」と娘に相談したら、「じゃあ私の不登校のことを描いてもいいよ」と言われまして。それがデビュー作になりますね。


    松田:野原さんにははじめ男性の担当編集がついたんですけど、その方が異動することになり、子どもと母親の関係性を編集できる編集者はいないかということで、母親でもある私が引き継ぐことになったんです。『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』という作品をご一緒したのが最初ですね。


    『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』

    野原:そうですね。実は子どもを産む前にも少し漫画を描いていたことはあったのですが、本格的なデビューは40歳過ぎになります。


    松田:40歳からの作家デビューってすごいことですよね。お母さん目線で描ける作家さん自体、当時は貴重な存在でしたし、社会問題にもなっていた「不登校」というテーマをノンフィクションで赤裸々に描いてくださるのがすごく斬新でした。

    続きを読む