ダ・ヴィンチ - ワラウ

「シェータさんのプロポーズ回じゃないかぁぁ!!」戦場で見せたシェータ×イスカーンのやりとりが尊すぎる…/アニメ「ソードアート・オンライン」第15話

2020年7月31日

  • ソードアート・オンライン
    『ソードアート・オンライン』18巻(著:川原礫、イラスト:abec/KADOKAWA、アスキー・メディアワークス)

     2020年7月25日(土)に放送されたアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」第15話。シェータとイスカーンのやりとりに対し、「心に響く名シーンが生まれた瞬間…」「尊すぎて涙こぼれた」など反響が後を絶たない。


     シェータといえば、「無音」の異名を持つ女性整合騎士。斬ることにしか興味を示さず、アドミニストレータから授かった神器「黒百合の剣」であらゆるものを斬ってきた。過去には拳闘士ギルドのチャンピオン・イスカーンと交戦したこともあったが、第15話ではそんな2人が心を通わす展開に。


     敵兵たちとの激戦により、ついに黒百合の剣が折れてしまうシェータ。「すまねぇ。大事な剣折らしてしまったな」と謝るイスカーンに対し、彼女は「いいの、やっとわかったから」「私がなぜ、あらゆるものを斬り続けてきたのか」と言葉を返した。


     彼女が斬り続ける理由として挙げたのは、“イスカーン”そのもの。「斬りたくないものを見つけるために、守りたいものを見つけるために、私は戦い続けた。それはあなた」と語るシェータに向けて、イスカーンは「あぁ、ちっくしょー… あんたと所帯持ちたかったな」と涙ながらに答える。


     これには視聴者も「シェータさんのプロポーズ回じゃないかぁぁ!!」「尊すぎてヤバい。早く結婚して…」「切ないけどキュンとした」「この2人なら生き残れると信じたい」といった反響が続出。


     だがそんな2人の前にはおびただしい数の敵兵が…。2人に幸せなラストが訪れることを願ってやまない。


    ■アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」
    放送時間:毎週土曜24:00~(TOKYO MX)/その他放送各局による
    原作:川原礫
    監督:小野学
    出演:松岡禎丞、茅野愛衣、戸松遥、沢城みゆき、竹達彩奈 ほか

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る