ダ・ヴィンチ - ワラウ

情報は集めるだけでなく分析する力をつけるべき。青学・原監督流リーダーシップ論/改革する思考こそが、日本を変えられる③

2020年7月31日

  •  大学駅伝3冠、箱根駅伝4連覇など、陸上競技の指導者として、数々の偉業を成し遂げてきた青山学院大学の原晋監督。同氏が異端児と言われながらも貫き通してきたリーダーシップ論を語る。ポストコロナの時代に求められるものとは。


    改革する思考
    『改革する思考』(原晋/KADOKAWA)

     改革発想を養っていくには、様々な力が必要です。


     特にコロナウイルス禍で分かったのは、情報の扱い方です。不安な情報が先行したことで、大学に限らず、教育現場での学習機会が著しく損なわれました。オンライン授業の定着などによってプラス面もありましたが、情報を正確に評価していたとは思えませんでした。


     つまり、情報を集める力だけでは発想力は磨かれません。情報収集は「諸刃の剣」ということだったのではありませんか? たとえば、学生の中にもSNSでネガティブな情報に晒された結果、元気を失ってしまった人もいました。


     今回分かったのは、集めるだけではなく、「情報を分析する力」がなければ、適切な行動がとれないということだったと私は思います。つまり、情報を集め、加工していく力。ここでも加工という単語は、ポジティブな言葉です。情報、数字などは加工して自分のものとして落とし込んでいかなければ意味がありません。


     たとえば、数字の扱い方ですが、青山学院の選手たちに則して考えると、「月間目標走行距離」という指標があります。なんだか車の走行距離みたいですが、選手たちの足回り、心肺能力を鍛えるためにはある程度の距離を走った方が効果的なのは間違いありません。


     目標管理シートでも、「今月の目標800km」といった数字が上がってきます。そして実際に達成したとする。しかし、私から見れば、800kmという数字には大きな意味はないと思います。重要なのは、自分がどんな内容で走っているのか、そのデータを分析する力なのです。


     ジョグで稼いだ距離なのか。それとも、スピード練習を多めに取り入れた強度の高いものなのか。あるいは昨年同時期と比較して、どのような結果が予想されるのか。そして実際に、1週間、2週間後に自分の身体にどんな変化が起きたのかまで分析できなければ、次のターゲットにつなげられないのです。

    続きを読む