ダ・ヴィンチ - ワラウ

アイドルマスター 15周年の「今までとこれから」①(天海春香編):中村繪里子インタビュー

2020年8月1日

  • 『アイドルマスター』のアーケードゲームがスタートしたのが、2005年7月26日。以来、765プロダクション(以下765プロ)の物語から始まった『アイドルマスター』は、『アイドルマスター シンデレラガールズ』『アイドルマスター ミリオンライブ!』など複数のブランドに広がりながら、数多くの「プロデューサー」(=ファン)と出会い、彼らのさまざまな想いを乗せて成長を続け、今年で15周年を迎えた。今回は、765プロのアイドルたちをタイトルに掲げた『MASTER ARTIST 4』シリーズの発売を機に、『アイドルマスター』の15年の歩みを振り返り、未来への期待がさらに高まるような特集をお届けしたいと考え、765プロのアイドルを演じるキャスト12人全員に、ロング・インタビューをさせてもらった。彼女たちの言葉から、『アイドルマスター』の「今までとこれから」を感じてほしい。


     第1弾は、やはりこの人だろう。765プロの中心的存在・天海春香を演じる中村繪里子。春香との熱い絆を感じさせるエピソードを交えつつ、春香役として『アイドルマスター』に長く携わってきたからこその広い視野で、15周年を語ってもらった。


    天海春香
    (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

    ――7月26日に、『アイドルマスター』がスタートしてまる15年になりました。中村さんは、天海春香役として長くプロジェクトに関わってきたわけですけど、15周年を迎えたことにどんな感慨がありますか。


    中村:ちょっとまだ、フワフワとしています。「これくらい続けていきましょう!」みたいな目標を掲げて始まったプロジェクトではないので、毎年振り返るたびに「そんなに時間を過ごせていたんだねえ」と、嬉しく思っていて。15周年は、昨今の事情で直接的にまだ叶っていないものもありますが、その意味では「迎えた15周年がまだ続いていくぞ」っていう感覚もあるし、未来を感じることができています。

    続きを読む