ダ・ヴィンチ - ワラウ

『告白』から『未来』まで、湊かなえの双葉社刊行8作品が初の電子書籍化!全あらすじを紹介!

2020年8月1日

  •  今年5月、すこしでもステイホーム期間に潤いを……と、湊かなえさん自身の発案によりデビュー作『告白』が期間限定でされた。「新型コロナウイルスに負けるな! 外出自粛をされている皆様、本で心の旅に出ましょう。気持ちばかりの『無料旅行券』をお送りいたします。」という湊さんからのメッセージに、励まされた読者も多いだろう。


     自粛の解除とともに無料公開は終わったが、このたび双葉社から刊行されている湊かなえ作品全8冊の電子書籍化が解禁。6月8日より、主要電子書店で配信がスタートした。『告白』から、まだ文庫化されていない単行本『未来』まで、これを機にぜひとも湊かなえワールドの軌跡に触れてほしい。


    湊かなえ
    『告白』(湊かなえ/双葉社)

     中学校内の事故で死んだ幼い娘は、このクラスの生徒に殺された――終業式の日、生徒たちを前に女性教師・森口が淡々と語りはじめた衝撃の告白。ある“復讐”を置き土産として彼女が学校を去ったあと、残された生徒たちは異様な空気に支配され、新たな事件の火種へと変わっていく。クラス委員長や犯人、その母親と、視点人物を変えて淡々とした一人称語りのみで進んでいく本作。それぞれの疑心や嫉妬、愛情、秘密と嘘が絡み合ってさらなる悲劇を引き起こしていく……。デビュー作とは思えぬ迫力と構成力に、本作は「週刊文春ミステリーベスト10」1位、本屋大賞1位を受賞。2010年に松たか子主演で映画化もされ、累計360万部を超える湊かなえの原点だ。



    湊かなえ
    『少女』(湊かなえ/双葉社)

     親友の死を目撃したことがある、と転校生・紫織に打ち明けられた高校生の由紀は、どうせなら人の死ぬ瞬間を見てみたいと思う。小学校からの友人で、自殺を考えたことのある敦子は、死に触れることができたらもっと強くなれるのではないか、と思う。動機はちがえど、ともに「人が死ぬ瞬間を見ていたい」と願った2人は、夏休みにそれぞれボランティア活動を始める。由紀は病院の小児科病棟で本の読み聞かせ、敦子は老人ホームでの軽作業。だが、とある事件をきっかけにぎくしゃくしていた2人だったが、互いに内緒のまま始めたボランティアでの経験が事件に結びついていき、やがて思いもよらぬ真相が明らかに……。死への好奇心、少女の友情、そして若さゆえの傲慢が絡み合う本作は、本田翼&山本美月出演で映画化された。

    続きを読む