ダ・ヴィンチ - ワラウ

「まちがえたならまず素直にあやまれよ!」自分のことは棚に上げて言い訳ばかりの女/女と男じゃなくて 私とあなたで話そう⑥

2020年9月3日

  • 恋愛本の名著『おんなごころ おとこごころ おんなとおとこをつなぐ12章』のリバイバル版から選りすぐりのエピソードをご紹介。自分が待ち合わせを間違えたくせに、なぜかこちらを責めてくる女の子。どうして素直に謝れないのかな?


    女と男じゃなくて 私とあなたで話そう
    『女と男じゃなくて 私とあなたで話そう』(岩井美代子、ふじわらかずえ/ワニブックス)

    女と男じゃなくて 私とあなたで話そう

    まちがえたのは仕方がないから、まず素直にあやまればいいんだよ!
    なのに、いろいろ理由をつけたり、果ては「あなただって前に……じゃない」とか昔のこと持ち出してきたり。
    それは今関係ないだろ!
    もともとの争いの原因より、ケンカがエスカレートするのは、そのせいだよ!


    女と男じゃなくて 私とあなたで話そう

    しか子's eye
    確かに、ちょっとひっこみがつかないからケンカになっちゃうのもわかる~。でも、男ならそういう細かいことは、もういいじゃないか、って気もするけど。細かいこと指摘されるのってイヤだよね! もうまちがえないってば!


    女と男じゃなくて 私とあなたで話そう

    うさ子's eye
    すごいわツネ子ちゃん、私ならまちがいに気付いた時点で、彼に会うのがおそろしくなってそのまま家に帰っちゃうかも……(もっとひどい?) 。でもそんなに責めるなら、本当に、彼だってもっと早く連絡してくれればよかったと思う。

    女と男じゃなくて 私とあなたで話そう

    プレヒント
    まちがうこと自体は何の問題もありません。問題なのは、自分が悪かったと気がついているのに、あやまらなかったこと。謝罪は言葉ではなく、きもちです。かっこ悪い!ってきもちが働いたとしても、それに引きずられないで、正々堂々と対処した方が、ずっとかっこよくはありませんか?


    <第7回に続く>

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る