ダ・ヴィンチ - ワラウ

「取り返しのつかないことをしてしまう前に読んでほしい」タイトル通り“青さと痛さと脆さ”に打ちのめされる人続出!

2020年8月24日

  • 青くて痛くて脆い
    『青くて痛くて脆い』(住野よる/角川文庫)

     誰だって、今よりちょっとでもいい自分になれるものなら、なってみたい。けれどそのためには、勉強したり、行動に移したり、たくさんの人と関わったり、努力しなきゃいけないことがたくさんある。その過程で、自分の限界を思い知ったり、誰かを傷つけたり傷つけられたり、“なりたい自分になる”可能性よりも、つらい思いを味わう確率のほうが高いから、躊躇して立ち止まる。できるだけ傷の少なそうな道を選ぶ。


     小説『青くて痛くて脆い』(住野よる/KADOKAWA)の主人公、田端楓もそうだった。けれど楓は、大学に入って自分とは真逆の、理想と行動力に満ちた、秋好寿乃に出会う。臆病で内向的な自分の気質を「優しいじゃん」と肯定されてから、彼の世界は少しずつ開かれていく。


     と、いうあらすじを聞けば『君の膵臓をたべたい』の著者の書く、切ないけれど胸がきゅんとする青春小説を想像する人も多いだろう。だが本作は、著者みずから「『君の膵臓をたべたい』という作品を、好きだと言ってくれている人たち込みで殴り倒してやろうと思った」という作品だ。読書メーターに寄せられた感想に、こんなものがある。

    続きを読む