ダ・ヴィンチ - ワラウ

リモートワーク20年の先輩が解説。リモートワークで活躍する人の特徴とは?

2020年8月29日

  • 『リモートワークの達人』(ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン:著、高橋璃子:訳/早川書房)

     緊急事態宣言が出され、多くの企業が在宅勤務となった4月。おっかなびっくり自宅での作業環境を整えていたころ、私たちはツールの使い方などの基本的な情報を求めていた。だが、宣言が明け、コロナとともに暮らしていく段階では、長期的な視点で新しい働き方のスタイルを確立する必要がある。チーム作りや人材採用、自分のキャリアに関しても、“リモート前提”で考えねばならない。時代はどんなスキルを求めているのだろうか?
     
     リモートワークは多くの企業にとって初めての試みであり、どんな問題が起こるのかわからない。であれば、ずっと前からやっている“先輩”たちから学ぶのが得策だ。『リモートワークの達人』(ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン:著、高橋璃子:訳/早川書房)は、20年間リモートワークを続ける企業「ベースキャンプ」の経営者ふたりによる著書。彼らは自分たちでプロジェクト管理ツールを開発・運営し、世界中に散らばる社員たちと成果をあげ続けてきた。つまり、私たちが今、そしてこれからぶつかる問題は、彼らがすでに通ってきた道なのだ。

    続きを読む