ダ・ヴィンチ - ワラウ

収入と“性交渉の経験率”は比例する!? 東大の調査結果が話題に

2020年9月14日

  •  若者の恋愛離れが叫ばれる中、東京大学とそのチームは「性交渉の経験率」に関して分析結果を発表。昨今は「草食系男子」というワードも注目されていますが、実は性の経験には「収入」が関係しているようです。


     チームが英医学誌に発表した情報によると、2015年時点では、30代男女のうち約1割が性交渉未経験だったといいます。


     この数字は、国立社会保障・人口問題研究所の「出生動向基本調査」から算出されたもの。また25~39歳男性に絞ると、正規雇用者に比べて非正規や時短勤務で働く人の未経験率は、3.82倍となりました。


     さらに無職との比較では7.87倍にまで差は広がることに。


     この結果を受け、東京大学客員研究員・上田ピーターさんは「性交渉を求めない傾向は『草食系男子』などと言われてきたが、実際には収入や雇用形態の影響で不本意ながら経験していない面があるのでは」との分析を語っています。


     同じく医師の坂元晴香さんも、「『草食化・アニメ等の二次元で満足している』などが一般論として言われているが、収入や雇用状況が性交渉未経験の割合に関与している」とコメント。

    続きを読む