ダ・ヴィンチ - ワラウ

飽和状態の自販機ビジネス、生き残りをかけた次の一手とは

2020年9月15日

  •  お手軽にドリンクが買える自動販売機。日頃から愛用している人も多いと思いますが、最近はコンビニの台頭により若干押され気味な状況となっています。自販機の生き残りに向けた「次の戦略」に注目してみましょう。


     自販機を巡っては、ネット上で「なんだか最近、自販機を使う機会減ったなぁ」「喉が渇いた時は大抵コンビニに寄ってしまう」「コンビニにもセルフレジはあるし、あまり自販機で買うメリットってないよね」といった声が上がっています。


     こうした事態を打破するため、アサヒ飲料と伊藤園はライバル同士で手を組む策を打ち出しました。


     2019年3月に両社で締結された「製品相互販売に関する取引基本契約」では、伊藤園の「お~いお茶」をアサヒが管理する自動販売機で供給し、また同様にアサヒ飲料の「ウィルキンソン」は伊藤園が所有する自販機で販売されることになります。


     実は競合同士の提携は、2016年から「ダイドードリンコ」と「キリンビバレッジ」間でも取り組み中。当時は「ダイドーブレンド」と「キリン 午後の紅茶」の相互販売からスタートしていました。

    続きを読む