ダ・ヴィンチ - ワラウ

お賽銭の電子マネー決済はアリ? 仏教界でも論争!?

2020年9月17日

  •  日本政府も積極的に推進している「決済のキャッシュレス化」。最近では「お賽銭」でもスマホ決済が導入され始め、時代は大きく変化している様子。寺社仏閣における「キャッシュレス化事情」を詳しく見てみましょう。


     徳島県にある「平等寺」は、外国人参拝客への対応などを理由として「お賽銭のスマホ決済化」を実験中。お寺にある専用タブレットにお賽銭額を入力し、スマホのQRコードを読み込んで清算する仕組みとなっています。


     この取り組みに対してネット上では、「これはいいね! 手軽に参拝できる」「ご利益がなさそう……」「現金を持たない人って増えたしね」「小銭の音がしないと仏様に気づいてもらえないのでは?」といった反響が相次ぐことに。


     実は、お寺や神社でのキャッシュレス化は数年前から進んでおり、2014年時点で電子マネー決済を開始した神社もあります。


     東京都港区にある愛宕神社は、「賽銭泥棒防止」を目的に「楽天Edy」での決済をスタート。権禰宜(ごんねぎ)を務める松岡里枝さんは、「賽銭はそもそも、米や魚などの奉納が現金に変わったもの。現金が進化した電子マネーでも違いはない」と見解を示していました。

    続きを読む