ダ・ヴィンチ - ワラウ

「何しに来たんだっけ?」ど忘れしたときに、思い出しやすくなるコツ/ざんねん? はんぱない! 脳のなかのびっくり事典⑧

2020年9月15日

  • 『びっくり事典』シリーズの最新刊! 今度のテーマは「脳」です。学習や記憶はどのようなメカニズムで行われている? 光や音などの外部刺激から、どのようにして世界観を作り上げている? など、脳にまつわるさまざまな謎を紹介していきます。


    『ざんねん? はんぱない! 脳のなかのびっくり事典』(四本裕子:監修、加納徳博:絵、こざきゆう:文/ポプラ社)

    びっくり度 ★★☆☆☆


    ざんねん? はんぱない! 脳のなかのびっくり事典

     ど忘れした記憶は、脳から完全に消えているわけじゃない。人の名前をど忘れしたとき、「○○さんだよ」と言われれば、「そうだ、○○さんだ」とすぐに思いあたるのが、何よりの証拠だ。


     では、ど忘れしたときは、どうすれば思いだしやすくなるのだろう? それは、ど忘れをする前と同じような状況をつくるといい。


     たとえば、目的があって親の部屋に入ったのに、何をしにきたのかど忘れをする。そんな経験、あるんじゃない? このとき、その場で思いだそうとせず、元いた場所にもどるのだ。そしてまわりの光景を見たり、前と同じ行動をしたりすると、思いだせる確率が高まる。つまり、記憶をよびもどすきっかけを、脳にあたえているのだ。

    <第9回に続く>

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る