ダ・ヴィンチ - ワラウ

〈4分のHIITで脂肪が燃える〉は誤解? 短時間・高強度運動「タバタトレーニング」がもつ科学的効果

2020年9月1日

  • 「4分で身体は変えられる」の科学 〜なぜ短時間・高強度運動が人気なのか?(扶桑社新書)
    『「4分で身体は変えられる」の科学 〜なぜ短時間・高強度運動が人気なのか?(扶桑社新書)』(田畑泉/扶桑社)

     YouTubeで検索すると、ボディメイクや筋トレに関するトレーニング動画が数多くヒットする。これらを運動不足解消に役立てている方も多いだろう。


     今、トレーニング動画の中で特に人気を集めているのが「HIIT(ヒット)」だ。High Intensity Interval Trainingの略で、日本語では高強度運動という意味をもつ。HIITは短時間のうちに数セット、高い強度の運動を行うトレーニング方法で、内容はハードだが、4分程度で取り組める特徴がある。


    『「4分で身体は変えられる」の科学 〜なぜ短時間・高強度運動が人気なのか?(扶桑社新書)』(田畑泉/扶桑社)は、HIITプログラムの王道ともいえる「タバタトレーニング」について、科学的に解説した1冊だ。その内容を詳しく見ていこう。


     タバタトレーニングは、10秒間の休憩を挟みつつ20秒間の強度の高い運動を行い、6〜7セット目で「疲労困憊」に陥るようなトレーニング法だ。強度の高い運動とは、続けて行えば50秒程度で疲労困憊に至る=400mを全力疾走するくらいのかなりハードな内容である。

    続きを読む