ダ・ヴィンチ - ワラウ

認知症ともの忘れは別物! 「もしや…?」家族の認知症に気づくための身近なサイン

2020年9月5日

  • 『60分でわかる! 認知症対策』(ファンメディケーション株式会社/技術評論社)

     もしも、自分の親が認知症になったら…。働きざかりの世代にとってみれば、気が重い心配だがけっして他人事とはいえない問題だろう。総務省が発表した2017年の「就業構造基本調査」によれば、家族の介護のためにやむなく仕事を辞めた「介護離職」は年間で9万9000人という統計もあり、その1人に、自分がなるかどうかは誰にも分からないはずだ。
     
     一方で、当事者ではない状況で、認知症について知識を得る機会はあまり多くないように思える。そんな私たちにとって書籍『60分でわかる! 認知症対策』(ファンメディケーション株式会社/技術評論社)は、認知症の実態や現在の医療制度、周囲の対処法などを網羅的かつ図解をふまえてわかりやすく学ぶことができる1冊。


     そもそも認知症とは何か? 実は、これ自体は病気の名前ではなく、頭痛や腰痛のような「症状を表す言葉」であると本書は解説する。さらに、その定義は「後天的な脳の障害により一度獲得した知的機能が自立した日常生活が困難になるほど持続的に衰退した状態」だという。

    続きを読む