ダ・ヴィンチ - ワラウ

全123タイトルの中から選ばれたのは「悪魔のレシピ」! 「料理レシピ本大賞 in Japan」の受賞作が発表

2020年9月8日

  •  今年で7回目の開催となる「料理レシピ本大賞 in Japan」は、料理レシピ本の価値や魅力を広く浸透させるべく設けられたもの。今回は123タイトルがエントリー。大接戦の末に選ばれた受賞作の発表と授賞式が、2020年9月8日にオンライン上で行われました。


     おうち時間が長く、自炊することも多かった今年は一体、どんなレシピ本が注目を集めたのか。早速、結果を見ていきましょう!


    ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ
    『ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ』(リュウジ/ライツ社)

     数々のレシピ本を抑え、栄えある大賞に輝いたのはSNSでも大活躍している料理研究家・リュウジさんの『ひと口で人間をダメにするウマさ! リュウジ式 悪魔のレシピ』(ライツ社)。本書は、1年以上もの制作期間を費やした集大成といえるレシピ本。Twitterで1万人以上が「いいね!」をつけた“伝説レシピ”も収録されています。手軽にやみつきになるほどウマい料理が作れて、レシピの半分は「低糖質」という男女ともにうれしい配慮がなされている点が、大賞に輝いた理由なのかもしれません。食への情熱を配信し続けるリュウジさんから、今後も目が離せませんね!

    続きを読む