ダ・ヴィンチ - ワラウ

発達障害のチェックリストは有用? 「発達障害バブル」はつくられたものなのか

2020年9月7日

  • 発達障害のウソ
    『発達障害のウソ 専門家、製薬会社、マスコミの罪を問う(扶桑社新書)』(米田倫康/扶桑社)

     発達障害に関する本を書店でよく見かけるようになった。発達障害への理解が広まるとともに、わが子や自分自身が発達障害ではないか? と不安を抱えていた大人たちに一定の安堵をもたらしたのではないだろうか。


     しかし、ここで衝撃的な本が登場した。『発達障害のウソ 専門家、製薬会社、マスコミの罪を問う(扶桑社新書)』(米田倫康/扶桑社)は、発達障害がブームを超えてもはやバブルとなっているが、実際のところ、発達障害について本当に解明されていることはほとんどない、と述べる。発達障害の関連本を読んで、やっとすこし安堵した大人は、冷や水を浴びせられた気になるかもしれない。


     本書は、冒頭で事例を紹介している。2016年に障害者施設を襲撃し、19人を殺害したとされる男の、精神科医たちによる診断結果だ。


    精神科医A…診断「躁病」
    精神科医B…診断「大麻精神病」「非社会性パーソナリティ障害」
    精神科医C…診断「妄想性障害」「薬物性精神病性障害」
    精神科医D…診断「抑うつ状態」「躁うつ病の疑い」

    続きを読む