ダ・ヴィンチ - ワラウ

「男の子が好きな僕」が繊細につづる、共感度150%の愛のエッセイ

2020年9月11日

  • 別れる理由を何個集めても、たったひとつの好きに勝てない
    『別れる理由を何個集めても、たったひとつの好きに勝てない』(KADOKAWA)

    「気になってた人」が「好きな人」に突然変わった瞬間、「好き」と比例する不安定な感情、「もっと触れたい」とひそかにたまる不満、恋が終わった喪失感――私たちは誰かを好きになるたび、さまざまな“むずかしい感情”に振り回される。そして不都合なことに、そのふくざつな気持ちの多くをうまく言語化することができず、モヤモヤがたまっていく一方だ。


     恋に欲張りになったり、恋で落ち込んだり。そんな言葉にできないややこしい気持ちをていねいに紡いだエッセイが誕生した。今回紹介する、『別れる理由を何個集めても、たったひとつの好きに勝てない』(KADOKAWA)である。


     著者のたいが氏は、SNSフォロワー累計33万人を擁する話題のジェンダーレス男子。20代ながら“言い得て妙”な恋愛観をTwitterで発信し、男女問わず共感の嵐を呼んでいる。

    続きを読む