ダ・ヴィンチ - ワラウ

挫折してきた僕だから伝えられる歌がある。シンガーソングライター・伊東歌詞太郎さんの人生、そして曲作りとは?

2020年9月8日

  •  ハッとさせられる歌声と、聴くたびに染み込むメッセージ。伊東歌詞太郎さんが歌う、TVアニメ『デカダンス』のエンディングテーマ「記憶の箱舟」である。今回の抜擢で、ネットとライブを中心に発信されてきた彼の音楽を知るファンの間に喜びの声が広がっている。また、この曲でファンになった人も多いのではないだろうか。


    僕たちに似合う世界
    『僕たちに似合う世界』(KADOKAWA)

     7月には、自身の人生を振り返り、音楽や生きることに対する想いを詰め込んだエッセイ本『僕たちに似合う世界』(KADOKAWA)を刊行。伊東さんの音楽をもっと深く知りたい人にとって外せない一冊となっている。


     この2つの作品に焦点を当て、その中に込められた伊東さんの想いを聞いた。


    (プロフィール)
    伊東歌詞太郎/いとう・かしたろう


    シンガーソングライター。ネット動画への投稿をきっかけに音楽活動をスタートさせ、現在の動画総再生数は8000万回超え。国内のみならず、中国ワンマンツアーを行うなど海外でも活動中。大の小説好きで、自身も2018年に小説「家庭教室」を刊行して6万部のヒット。ラジオのパーソナリティを務め、講演会を開催するなどマルチな活動を行っている。

    続きを読む