ダ・ヴィンチ - ワラウ

「ラーメンがどれも大迫力」「児童書ですが大人女子にもおすすめ」絵本『めんのずかん』『とりのずかん』に反響続出!「コドモエのずかん」シリーズ注目の最新作!

2020年9月12日

  • めんのずかん
    『めんのずかん』(作:大森裕子、監修:石毛直道/白泉社)

     累計30万部を突破した「コドモエのずかん」シリーズの最新作が、2020年9月4日(金)に2冊同日発売。親子で楽しめる新感覚の絵本に、ネット上では「どの本もイラストがとってもかわいいです!」「子どもがドハマりして、シリーズをまとめ買いしちゃいました」と大きな注目が集まっている。


     同シリーズはかわいらしいイラストと共に、さまざまな“もの”の種類を学べる絵本。これまでに『おすしのずかん』や『パンのずかん』といったテーマの本が刊行され、好評を博してきた。


     今回新たに発売された大森裕子の『めんのずかん』はラーメンやパスタ、そば、うどんなど、おいしそうな麺がずらりと並んだ一冊。素材の特徴や作り方の違いが、イラストによってわかりやすく解説されている。


    めんのずかん

     子どもから大人まで楽しめる作りになっており、ネット上では「ラーメンがどれもめちゃんこおいしそうで大迫力!」「やっぱり食べ物のずかんはいいですね。見ているだけで幸せな気分になれます」「麺好きにはたまらない本でした!」といった声が上がっていた。

    続きを読む