ダ・ヴィンチ - ワラウ

ペットが死んだら「また飼えばいーじゃん」…相手の気持ちが考えられない子にはどういう対応が必要?

2020年9月10日

  • 『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』(宮口幸治/扶桑社)

     すぐに諦めてしまう、感情の表現が苦手、善悪の判断が難しい――。
     
     そうした困りごとや悩みを抱える子どもたちの一部には、「境界知能」や「グレーゾーン」と呼ばれる層が存在している。「知的障害」には含まれないものの一定の支援が必要、もしくは発達障害の傾向がある子どもたちは、35人のクラスでは約5名の割合でいるといわれている。
     
    『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』(宮口幸治/扶桑社)は、困っている子どもたちが発するサインに目を向け、その背景や原因、そして支援の方法を紹介する1冊。ほぼ全編がマンガなので、理解しやすい。
     
     50万部超の大ベストセラーとなった宮口さんの著作『ケーキの切れない非行少年たち』では、多くの非行少年たちに「境界知能」の子どもたちが一部存在する実態を描き出したが、本書『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』で描いたのは、彼・彼女らが非行に走る前に必要な“早期支援”だ。

    続きを読む