ダ・ヴィンチ - ワラウ

不景気なのになぜ株価はあがるのか? 安倍首相が辞めたらどうなるのか? 勝ち続ける「投資のルール」とは!

2020年9月13日

  •  話題の書籍『暴落はまだ終わっていない!』(KADOKAWA)の著者・塚澤健二氏は、11月のアメリカ大統領選挙まで株価は上がる。安倍首相が辞めた後、誰が首相となろうが変わりはないという。



     世界で4番目に裕福な人間と言われている投資の神様・ウォーレン・バフェット氏は、企業業績などを分析してPER(株価収益率)が低い株を買い、株価が上がったら売るというバリュー投資が基本だ。


     しかし、このバリュー投資ではNASDAQのハイテク優良企業株は割高で買えないということになってしまう。


     事実、コロナウイルスの蔓延や企業の業績の大幅悪化、リーマン・ショックを超える戦後初の景気後退では、4月からの世界的な株価急回復は説明できない。アメリカの雇用統計が最悪な数字を示しているのに、どうして株が上がってきたのか?


     塚澤健二氏の前著『いま持っている株は手放しなさい!』でも指摘しているが、会社の業績や将来性を見込んで株が買われるような時代ではなく、外国人投資家の思惑、政治の思惑、日銀の思惑、企業の思惑などが入り乱れて、複雑怪奇なマネーゲームが行われているという。

    続きを読む