ダ・ヴィンチ - ワラウ

感染者バッシングや自粛警察を生んだ「世間」の4ルール。日本社会はなぜ息苦しいのか?

2020年9月11日

  • 『同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか』(鴻上尚史、佐藤直樹/講談社)

    “新型コロナの感染拡大は、日本および日本人のさまざまな面をあらわにしたと、僕は感じています”


     演出家で『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』(講談社)などの著者でもある鴻上尚史さんは、評論家で九州工業大学名誉教授の佐藤直樹さんとの対談をまとめた、『同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか』(講談社)の前書きでこう語る。


     確かに新型コロナウィルスの感染拡大を機に、これまでになかったものがいくつも生まれた。いい例(良い例ではない)が、「感染者バッシング」や「自粛警察」だろう。


     病気は決して自己責任ではないし、誰にでもかかるリスクはある。しかし、コロナ感染者を迷惑な者と決めつけ、氏名や職場を暴いて徹底的に叩く。また「コロナ禍なのに店を開けるなんて」と、営業を続ける飲食店やバーに嫌がらせの電話や張り紙をする。パチンコ店は2020年8月時点でまだクラスターは発生していないにもかかわらず、その存在自体が悪であるかのような扱いだ。

    続きを読む