ダ・ヴィンチ - ワラウ

「のび太とドラえもんがフュージョンした!!」アニメ「ドラえもん」、珍キャラ“のびえもん”の登場に視聴者大興奮

2020年9月12日

  • ドラえもん
    『ドラえもん』1巻(藤子・F・不二雄/小学館)

     2020年9月5日(土)のアニメ「ドラえもん」では、1本目のエピソードとして「ウルトラミキサー」を放送。“のびえもん”なる珍キャラクターが登場し、視聴者から「のび太とドラえもんがフュージョンした!!」など大興奮の声が相次いでいる。


     事の発端は、ドラえもんのひみつ道具「ウルトラミキサー」。左右の吸引口に物をくっつけてボタンを押すと、2つの物が合体するという道具だ。ちなみに物だけでなく、生き物同士も合体させることができるそう。


     さっそくのび太とドラえもんは、家の中のあらゆるものをミキサーへ。例えば掃除機とゴミ箱を合体させたり、アイロンとトースターをくっつけたり…。謎の合体グッズを次々に生み出していく。しかし調子に乗りすぎて、ついにはのび太ママを怒らせてしまう2人。そのお仕置きに、おやつのどら焼きを2人で1つに減らされてしまうのだが――。


     「半分ずつなんて嫌だ!」と駄々をこねる彼らが編み出した解決策は、“合体して1人になる”というもの。すぐに2人は吸引口を装着し、スイッチオン。ミキサーから登場したのは… 黄色の服にメガネをかけた、まんまる体型の“のびえもん”だった。

     この珍キャラにネット上からは、「可愛すぎるんだけどwww」「太ったのび太じゃん(笑)」など爆笑の声が続出。しかし“のびえもん”をよく見ると、ドラえもんの要素は“体型”と“ひげ”くらい。肝心の四次元ポケットや特徴的な青色は一切反映されていない。どうやらこの道具、それぞれから抽出する要素を選ぶことはできないようだ…。


    アニメ「ドラえもん」
    原作:藤子・F・不二雄
    脚本・制作協力:藤子プロ
    出演:水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一 ほか

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る