ダ・ヴィンチ - ワラウ

『週刊ツリメ』「コロナウイルスの検査で陽性結果! 入院していました」

2020年9月11日

  •  これは前回の続きです。


     不安のゲリラ豪雨が僕の真上で降っている。入院初日、不安定な精神状況で寝れる訳もなく、眠りについたのは朝5時過ぎだった。


     朝7時、看護師さんが起こしに部屋に来る。起床7時、朝食8時、昼食12時、お風呂15時、夕食18時、消灯は21時と優等生みたいなスケジュールになっている。


     寝ぼけながら机に置いてある体温計を脇の下で挟む。はぁ、熱は38.9度だった。そのあと洗濯バサミに形が似ている装置を指に挟む。これは体内の酸素と脈拍数を調べる装置らしい。更に二の腕にベルトを巻き、血圧を測定する。入院期間は朝昼晩と毎回検査をするのだ。そして胸に24時間心電図を記録する装置を付けている。少し離れて見ると自分の身体は医療機械だらけ。幸いにも尿管に管を通さずにすんだ。それも入院する前に看護師さんに「チンチンに管を通すだけのはやめてください」と念を押して伝えたからだ。無意識だったが、包丁の様に鋭利な眼差しで訴えていたに違いない。考えれば考えるほどにあんな直径数ミリの異物を入れるのは寒心する。

    続きを読む