ダ・ヴィンチ - ワラウ

夫もまた、アルコール依存症の父親のようになってしまうのか――。家族の愛情に傷つけられた女性の叫び

2020年9月16日

  • 全部ゆるせたらいいのに
    『全部ゆるせたらいいのに』(一木けい/新潮社)

     愛情というものは実に不確かだ。それは絶対的なものなのか、そもそも存在しているのか、それすらわからない。けれど、そこに「家族の」という形容がつくと、途端に神聖視されてしまうことがある。「家族の愛情」は確かに存在するのだからと言われ、家族を愛すること、家族から愛されることがさも当たり前だと響くのだ。でも、家族だからこそ愛情が歪み、暴走し、途方に暮れることは珍しくないとも思う。そんなことを考えたのは、一木けいさんの新作『全部ゆるせたらいいのに』(新潮社)を読んだのがきっかけだった。


     本作の主人公は子育てに奮闘する母親・千映。卒乳したばかりの娘・恵は「まま」しか言えず、ひどい夜泣きを繰り返す。娘が泣き出せばシャンプーの途中だろうと駆けつけ、とんとんと背中をたたいてあげる。そんな日常に、千映は少しずつ追い詰められている。


     恵はかわいい。そこには確かに愛情がある。それなのに千映が追い詰められているのは、夫・宇太郎が夜な夜な呑み歩いているからだ。宇太郎の呑み方はひどい。泥酔し、吐瀉物にまみれ、物を失くし、記憶すら失くす。その様子に、千映は恐怖すら覚える。それはなぜか。アルコール依存症だった千映の父親の姿が重なってしまうからだ。

    続きを読む