ダ・ヴィンチ - ワラウ

「マンガの実写化」と「マンガから生まれた映画」はどう違う? 公式のはずの作品が炎上する理由

2020年9月12日

  • キャラがリアルになるとき
    『キャラがリアルになるとき ―2次元、2・5次元、そのさきのキャラクター論―』(岩下朋世/青土社)

     マンガの実写作品を観て、落胆したことのある人は少なくないはずだ。そして、こうも思ったことだろう。安易に実写化してくれるな、と。ただ、マンガ史においては、マンガの実写作品は、実写映画のプロモーションとして活用されていたという事情もある。テレビの普及によって映画が斜陽産業と囁かれた時期、映画製作の資金を集めるのにプロモーション用のフィルムを作ろうとすると、俳優を手配し撮影するだけでも多額の費用がかかってしまう。しかも、そのときの俳優を本番でも起用できるかという問題もある。


     その点、マンガなら経費は漫画家への原稿料程度で済み、それすら単行本の販売で回収できることから、映画会社がマンガの出版社に出資していたのだ。そしてこのビジネスモデルは、現在でもさほど変わらない。せめて、実写化して良かったと思える作品に出逢いたいものなのだが、ではその条件とは何なのか。『キャラがリアルになるとき ―2次元、2・5次元、そのさきのキャラクター論―』(岩下朋世/青土社)に、答えを求めてみた。

    続きを読む