ダ・ヴィンチ - ワラウ

実は野菜が苦手!? 人気料理研究家が考案した「野菜メイン」の簡単レシピがどれもおいしかった【作ってみた】

2020年9月12日

  • 『バズレシピ ベジ飯編 進化した“野菜の食べ方”がここにある!』(リュウジ/扶桑社)

     まんべんなく、好き嫌いなくなんでもおいしく食べられるなら、もちろんそれが一番良い。でも、なんとなく苦手な食材、料理は大人になっても案外あるもの。しかし回避できるレベルのものとそうでないものがあり、「野菜全般」といった広い範囲の場合は、食べなければ体調を崩してしまうことにもつながる。
     
    『バズレシピ ベジ飯編 進化した“野菜の食べ方”がここにある!』(リュウジ/扶桑社)は、そんな野菜嫌いな人でも野菜をおいしく食べられるよう工夫された“ベジ飯”ばかりが集められたレシピ本。著者のリュウジさんは料理研究家として幅広く活躍する有名人だが、実は野菜が苦手で、おいしく食べるためにさまざまな工夫をしてきたのだとか。
     
     筆者は野菜が嫌いというわけではないが、やはりどちらかというと肉や魚、ご飯の方が好きで、野菜は意識して摂る量を増やしているのが正直なところ。もし「野菜がすごく食べたい!」と思えるような料理のレパートリーが増やせたら、より健康的な生活を送れるはず! そこで、気になったもので簡単そうなレシピを実際にいくつか試してみた。

    続きを読む