ダ・ヴィンチ - ワラウ

マスク=負けアイテムだと思ってる伊人!? コロナで見えた国民性。ヤマザキマリ×中野信子による『パンデミックの文明論』

2020年9月14日

  • パンデミックの文明論
    『パンデミックの文明論』(ヤマザキマリ、中野信子/文藝春秋)

     なぜ日本はロックダウンもせずにコロナを抑え込めているのか…世界のメディアは「不思議の国ニッポン」と首をひねっているという。当の日本人にもわからない「謎」だが、漫画家のヤマザキマリさんと脳科学者の中野信子さんの対談を収録した新刊『パンデミックの文明論』(文藝春秋)によれば、日常のエチケットからして日本と応米諸国ではずいぶん違い、もしかするとそんな小さなところに謎の秘密があるのかもと思えてくる。


     たとえば「マスク」。この猛暑の中、熱中症の危険がありながら外でもきっちりマスクをしている人が多かった日本に対し、欧米人の多くはマスクをすることそのものを拒む。感情を伝える口元が見えないからとも言われるが、特にイタリアでは「マスクというと百年前のスペイン風邪パンデミックを思い浮かべてしまうのかもしれない」とヤマザキさん。予防だからと容易にマスクをつけることは、むしろその恐ろしい状況を受け入れてしまうことになり「マスクをしない」という選択をする人が多いというのだ。一時、トランプ大統領もマスクをしないことを売りにしていたが、それも「病気に負けたと認めたくないというメンタリティの表れ」と中野さんも分析する。

    続きを読む