ダ・ヴィンチ - ワラウ

半年でマイナス15kg! 40歳漫画家がミッションコンプリートしたその方法とは?

2020年9月13日

  • 『やせましょう』(講談社)
    『やせましょう』(小林銅蟲/講談社)

    『めしにしましょう』(講談社)で実際にレシピも作り、異能の爆食漫画家として知られる小林銅蟲氏の新刊『やせましょう』(講談社)が発売された。


    『めしにしましょう』の3年間で太り、気が付けば不惑の40歳を迎えた銅蟲氏は企画会議でやせる漫画を描くことが決まる。かくして本作は(本企画は)始まった。目標は…


    ズバリ6カ月でマイナス15kg!!


     アラフォーで代謝も悪くなり、ダイエットをしてもなかなかやせられない、紳士淑女のご同輩諸君(ちなみに本稿のライターも40代だ)。本作で銅蟲氏は複数のダイエット方法を試す。その結果をみて、自分に合いそうな方法をみつけるのもいいだろう。


     連載開始時の身長は163cm、体重は79.15kgと見事なメタボボディだった銅蟲氏。「漫画で太ったんだから漫画の企画でやせてやる!」と、前述の通り、期限は半年、目標は体重マイナス15kgと宣言した。


     ちなみに、爆食漫画家であるゆえんは、『めしにしましょう』で超のつくハイカロリーな料理を描き、それを実際に作って食べまくっていたからだ。ただ『めしにしましょう』連載前から、肉塊ステーキやバター1個まるまる使うレシピなどを作り、ブログに掲載していたのだが…。

    続きを読む