ダ・ヴィンチ - ワラウ

不正受給を促す悪徳セミナーやマスクの高額転売…新型コロナで笑う“詐欺師たち”の正体

2020年9月14日

  • 『ルポ 新型コロナ詐欺 経済対策200兆円に巣食う正体』(奥窪優木/扶桑社)

     世界中が例外なく混乱し続けている様を、目の当たりにした年――激動の今年を振り返ると、そんな思いが胸にこみあげてくる。いまだ収束の気配が見えないコロナ禍に、私たちはこの先どれくらい翻弄させられるのだろうか。
     
     未曾有のウイルスによる影響は、経済面でも大きな打撃を与えた。総務省統計局の「労働力調査(基本集計)」によると、今年6月の完全失業者数は約195万人。特に、非正規労働者の失業が増えている。
     
     だが、困窮者が増加している一方で、混乱に乗じ、巨額の富を手にしている詐欺師や転売屋も多く存在しているという。『ルポ 新型コロナ詐欺 経済対策200兆円に巣食う正体』(奥窪優木/扶桑社)は彼らに接触し、その手口を明らかにするルポルタージュだ。


     感染症拡大により大きな影響を受けている中小・零細企業や個人事業者(フリーランスを含む)を支援すべく設けられた「持続化給付金」は、政府肝いりの政策。だが、この経済支援は抜け穴を狙われたり、詐欺集団の食い物にもされていたりするという。

    続きを読む