ダ・ヴィンチ - ワラウ

発達障害を抱えながらも、よりラクに快適に生きる! 当事者の著者が推す“サバイバルのコツ”とは

2020年9月16日

  • 「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47 発達障害サバイバルガイド
    『「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47 発達障害サバイバルガイド』(借金玉/ダイヤモンド社)

     普通じゃなくていい、生き抜こう――帯に書かれた力強いメッセージと黄色い表紙に目が留まる『「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47 発達障害サバイバルガイド』(借金玉/ダイヤモンド社)。9月13日現在でAmazonのビジネス実用本1位、楽天ブックス教育・福祉部門1位を記録するなど、目下大きな注目を集めている一冊だ。


     著者はADHDのほか双極性障害(躁うつ病)の持病を抱える借金玉さん。本書は発達障害のために「みんながあたりまえにやれていることがうまくやれない。人生がうまくいかない」と悩んできた著者が、“少しでもまともな生活を手に入れるために重ねてきた数々のコツを共有しよう”と書かれたものだ。


     実は借金玉さんはベストセラーとなった『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』(KADOKAWA)の著者でもある。前著では「組織で働く」ためのノウハウを紹介した借金玉さんだが、考えてみれば「仕事」の前には「生活」が成り立っていることが前提であり、実はその生活にこそ困難を抱えている人が多いことに気がついたのが今回の執筆理由。そのため本書では「何度転んでも、何度落とし穴に落ちても、どうにか立ち直るための再起の方法」という究極のライフハックばかりを紹介しており、まさにタイトル通り、発達障害やグレーゾーンで悩む人たちへの「サバイバルガイド」なのだ。

    続きを読む