ダ・ヴィンチ - ワラウ

「二宮さんは“超アイドル”な人ですが、映画の中に入るとそこの住人になる」二宮和也と妻夫木聡が兄弟に! 中野量太監督『浅田家!』公開直前インタビュー

2020年9月22日

  •  余命わずかな母と家族の絆を描く商業映画デビュー作『湯を沸かすほどの熱い愛』(2016)が絶賛され、続く『長いお別れ』(2019)では、認知症を患う父と家族を描いた小説を映画化した中野量太監督。今、日本映画界でもっとも注目される彼の新作『浅田家!』が、2020年10月に公開となる。


    浅田家!
    『浅田家!』(中野量太/徳間書店)

     本作は、実在する写真家・浅田政志さんと、その家族をモデルにした長編映画だ。ユニークな家族写真で“写真界の芥川賞”と呼ばれる賞を受け、東日本大震災の津波で泥まみれになった写真を洗浄するボランティアを経験した浅田さんのエピソードや、取材で得た実話などに基づき、中野監督が独自に物語を構成した。“家族”をテーマに映画を撮り続ける中野監督が、浅田家の家族に感じた魅力とは? 災害時やコロナ禍において感じる“映画の役割”とは? 中野量太監督に、お話をうかがった。



    ──商業映画デビュー作の『湯を沸かすほどの熱い愛』はオリジナルストーリー、2作目の『長いお別れ』はいわゆる原作ものですが、最新作の『浅田家!』は、事実をもとに構成した物語だそうですね。前作、前々作と今作、制作時の感覚は違っていましたか?

    続きを読む