ダ・ヴィンチ - ワラウ

息子は殺人犯か被害者か——究極の選択を迫る衝撃ミステリーに悩まされる人続出!【堤真一×石田ゆり子主演・映画化】

2020年10月2日

  • 望み
    『望み』(雫井脩介/KADOKAWA)

     親にとって、子どもが殺人事件の被害者になってしまうことと、加害者になってしまうこと、どちらの方が辛いだろうか。親たちにそんな究極の選択を迫るような小説がある。それは、『望み』(KADOKAWA)。『クローズド・ノート』『検察側の罪人』などの著作で知られる雫井脩介による社会派ミステリーだ。累計発行部数20万部を超えるベストセラー小説であり、堤真一、石田ゆり子主演、堤幸彦監督で映画化され、いよいよ10月9日(金)に公開の迫った注目作でもある。


     舞台は、埼玉県戸沢市。建築士の石川一登と、フリーの校正者で妻の貴代美は、高校1年生の息子・規士、中学3年生の娘・雅とともに平穏に暮らしていた。だが、ある日、規士は帰宅せず、連絡も途絶えてしまう。警察に相談した矢先、規士の友人の死体が発見される。行方不明の少年は3人。内2人は、この殺人事件の加害者であるらしい。規士は被害者なのか、加害者なのか。生きているのか、それとも殺害されてしまったのか。一登、貴代美、雅はそれぞれ不安を抱え、次第に家族の間に亀裂が走り始める。

    続きを読む