ダ・ヴィンチ - ワラウ

「これは俺の子じゃない!」 別れた妻が実家で産んだ子を巡ってお上を巻き込む大騒動に

2020年10月4日

  • 『性からよむ江戸時代 生活の現場から』(沢山美果子/岩波書店)

     農業を営む「善次郎」と「きや」。夫婦仲が悪く離婚をして、妻は実家に帰った――ここまでは、よく聞く話だ。ところが、この妻が実家で子どもを産む。これが騒動の始まりだ。子の父は誰なのかという大きな謎が横たわっていたからだ。そんなの、産んだ本人に聞けばわかるじゃないか、と思うかもしれない。しかし、そう簡単にはいかなかったから大変だ。妻に尋ねれば、「これは元夫の子だ」と言う。しかし、元夫に尋ねると「俺の子じゃない、妻が別の男と不倫をしてできた子だ」と言う。さて、真相はいかに…?
     
     ともすれば週刊誌のネタになりそうなこの騒動が起きたのは、文化2(1805)年のことだ。そう、江戸時代の農民の話なのだ。『性からよむ江戸時代 生活の現場から』(沢山美果子/岩波書店)は、江戸時代における庶民の性の営みについて紹介する本。善次郎ときやの騒動はここに紹介されているものだ。なんだ、大昔の夫婦不和かと思うなかれ。なぜならただの名もなき男女の記録が後世に伝わることはまずないからだ。ではなぜ善次郎ときやの騒動は、後世の私たちにも伝わったのだろうか。

    続きを読む