ダ・ヴィンチ - ワラウ

台風もキラキラネームの時代に突入!? すごく気になる「台風の名前」

2020年10月16日

  •  主に夏から秋にかけて日本列島に襲来し、様々な被害をもたらす“台風”。今年も台風シーズンが到来し、気象情報に注目が集まっています。そんな台風にひとつひとつ名前がつけられていることをご存知ですか?


     普段ニュースなどでよく耳にする台風1号、2号といった呼び方は、気象庁によって定められているもの。毎年1月1日以降に、台風が発生した順番でナンバリングされています。


     しかし実は台風には番号だけでなく、それぞれ個性的な名前がつけられています。


     たとえば2019年8月半ばに日本に接近した台風9号は、果物の名前にちなんだ「レキマー」という名前をもっています。続いて発生した台風10号はカンボジア語で“鶴”を意味する「クローサ」と名付けられていました。


     気象庁の公式サイトによると、アジアで発生した台風の名前を決めているのは、日本を含む14カ国などが加盟した台風委員会。加盟国などが提案した140個の名前があらかじめストックされていて、そこから台風の発生順に1つずつ採用していくというルールがあります。

    続きを読む