ダ・ヴィンチ - ワラウ

ビールが水に比べてたくさん飲めるのはなぜ? トイレが近くなる理由も/毎日雑学

2020年10月16日

  •  身近なのに意外と知らない身の回りのモノの名前の由来や驚きの事実。オフィスで、家庭でちょっと自慢したくなる、知っておくだけでトクする雑学を、毎日1本お届けします!


     この雑学では、ビールが水に比べてたくさん飲める理由について解説します。


    ビールがたくさん飲める理由はなぜ?


     A. 美味しいから


     B. 食欲促進の作用があるから


     C. 酔っているから


     D. 胃に溜まりにくいから


     答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね!


     皆さんは普段からビールをよく飲みますか? 仕事終わりにお店などで飲むビールや週末に家でゆっくり飲むビール、夏にはビアガーデンで飲むビール…いつもとても美味しいですよね。なかにはビールなら何杯飲んでも酔わないと語る人や、ジョッキで何杯も飲むという人もいるでしょう。


     しかし、水やジュースであればそれほどたくさん飲むことができないのに、ビールだけたくさん飲める印象があるのは何とも不思議ですよね。ビールは炭酸飲料のため、水や他のお酒に比べてもお腹に溜まりやすい気がします。

    続きを読む