ダ・ヴィンチ - ワラウ

「自分の好きなことを見てもらえばいい」/富田美憂の「私が私を見つけるまで」②

2020年10月18日

  • 「声優になりたい」という夢が自分の中に現れたものの、はたしてどうやったら声優になれるのだろうかと、ふわふわ考えていました。


     


    真っ先に頭に浮かんだのは養成所に通うことです。声優といえばみんな養成所に行って勉強をする、というのをテレビでよく目にしていたからです。


    でも当時の私は中学三年生。受験生でした。もう志望校も決まっていて、両親も受験勉強を全力でサポートしてくれていました。高校も義務教育じゃないから今よりお金がかかるし、それにプラスして養成所に通うとなると金銭面的にかなり家に負担をかけることになる。


    しかも私の他に弟達が2人いて、2人の弟の今後のことも考えると、叶うか分からない私の夢のために、家族の負担を増やしてはいけなと思いました。だから普通に高校を卒業して、在学中にバイトをしてお金が貯まったら専門学校に行こう、と。


     


    そんなある日、母がある雑誌を買ってきたんです。書店に並んでいた1冊のオーディション雑誌でした。そこに載っていたのが、私がアミューズに所属するきっかけになった「声優アーティスト育成プログラムセレクション」の募集です。"合格者は各社がそれぞれ実施する育成プログラムを1年間無料受講"と書いてありました。

    続きを読む