ダ・ヴィンチ - ワラウ

「自粛要請」も「濃厚接触者封じ込め」も岩国藩は徹底していた! 感染症の日本史に学べることとは?

2020年10月8日

  • 感染症の日本史
    『感染症の日本史』(磯田道史/文藝春秋)

    「こんな時代がくるとは思わなかった」。新型コロナウイルス流行に対して、そう感じる人は少なくないだろう。だが、長い歴史の中で見れば、感染症の流行は決して稀ではない。20世紀以降に限っても、スペイン風邪、アジア風邪、香港風邪、新型インフルエンザ、そして、今回の新型コロナウイルスと、数十年に一度の頻度で世界規模での感染症の拡大が起きているのだ。


    『感染症の日本史』(文藝春秋)は、歴史家・磯田道史氏が、平安の史書や江戸の随筆、100年前の政治家、文豪の日記などをもとに、感染症と対峙してきた日本人の知恵に光を当てた一冊。


     感染症との戦いの歴史には、成功もあれば、失敗もある。それを知ることは、新型コロナウイルスとの向き合い方を考えるヒントになるかもしれないと磯田氏は述べる。確かに、歴史に学ぶことは良いことに違いない。実際に私たちもその歴史に学び、新型コロナウイルスとの向き合い方を考えてみよう。

    続きを読む