ダ・ヴィンチ - ワラウ

大好評『大阪マダム、後宮妃になる!』の作者最新、後宮ミステリー『こちら後宮日陰の占い部屋』も「面白くて何度も読み返してます」と絶賛の声

2020年10月17日

  • こちら後宮日陰の占い部屋
    『こちら後宮日陰の占い部屋』(田井ノエル/ポプラ社)

     占い×後宮×ミステリーの要素が絡み合った小説『こちら後宮日陰の占い部屋』が、2020年10月6日(火)に発売された。ネット上では「めちゃくちゃよかった! 面白くて何度も読み返してます」「メインキャラが魅力たっぷりで、2人のやりとりを眺めるのが楽しかったです。1冊では収まらない謎というかキャラの背景があって、つい続編が気になってしまう」など、さまざまな反響が上がっている。


     同作の中心となるキャラクターは、都で評判の女性占術師・凜可馨と助手の翔夢鈴だ。凜はいつも御簾の向こうにいて姿が見えず、夢鈴に鑑定結果を耳打ちするだけだが、その占いは驚くほど当たると評判。しかし実は凜の正体はゴツいオネエで、夢鈴のプロデュース力を使って活躍している男性占い師だった。


     物語はある日、2人のもとに後宮から使いがやってくることから動き出す。多額の謝礼に目がくらんだ2人は、正体を隠して後宮入りするのだが……。魅力的な人物造形はもちろん、本職の占い師が監修を務めた「占い」に関わる描写も同作の見どころだ。

    続きを読む