ダ・ヴィンチ - ワラウ

80年で日本人が5000万人減!? 国連による衝撃の予測にネット騒然

2020年10月15日

  •  日本ではかねてより「少子化問題」が叫ばれ、政府も対策に本腰を入れています。しかし歯止めにはなっていないようで、少子高齢化が加速する日本の未来が調査によって浮き彫りになりました。


     国連人口部は昨年6月18日、世界人口について2057年に100億人を突破すると発表しました。一方で、現在1億2000万人超の日本の人口は2058年に1億人を下回り、2100年には7500万人になると推測されてます。ちなみに2017年の調査では日本の人口が1億人を下回るのは2065年、2100年の日本の人口は8450万人としており、減少スピードが加速していることがわかります。


     推計は国連人口部が各国・地域のデータを基にして独自に算出。現在77億人の世界人口はアフリカや西アジアを中心に増える一方で、日本や東欧諸国など26ヶ国・地域で2050年までにそれぞれ1割以上減るそう。


     なお日本では人口減少とともに、高齢化も加速します。65歳以上の人口に対する現役世代(25歳~64歳)の比率は、現在「1.8人」。実は現時点で世界最低の数字となっていますが、2050年には「1.1人」まで減少すると予測されました。

    続きを読む