ダ・ヴィンチ - ワラウ

フェイクニュースを見破れない!? ある世代のネットリテラシー不足が想像以上

2020年11月4日

  •  今後の未来を担う若者たちは、いわゆるデジタルネイティブ世代と呼ばれる人々。幼い頃からスマートフォンなどに触れてきた人も少なくありませんが、ネットリテラシーは年配者の方が高いというデータもあるようです。


     2019年7月に「MMD研究所」は、「2019年7月 フェイクニュースに関する年代別意識調査」の結果を発表。「『フェイクニュース』という言葉の認知」に関する質問で、一番多く「知っている」と答えた年代は60代(65.9%)でした。一方で10代は64.3%、20代は62.7%という数字に。「知らない」と回答した人の割合が一番多かったのは、同率(16.6%)で10代・30代となっています。


     また「フェイクニュースを見破る自信がある」と答える人は、年齢が下がるほど多い傾向に。しかし「騙された経験がある」という回答者も年齢が下がるほど多くなり、1位は20代で37.7%を記録しました。一概に「デジタルネイティブはネットリテラシーがある」とは言えない結果に、ネット上では「まあSNSとかでやらかしてるのも大体若者だし、この結果は妥当」「昔から馴染んでいるから、余計に危機感がないのでは?」「媒体が昔と変わっただけで、情報に対する向かい方は年配者の方が心得てそう」といった声が。意外と納得する人も多いようです。

    続きを読む