ダ・ヴィンチ - ワラウ

大手カジュアル衣料店を凌ぐ店舗数…「ブランドブック」が大ヒット! 宝島社×セブン-イレブンの“コラボアパレル”驚異の仕掛け力

2020年10月13日

  •  雑誌ばなれが進み、苦戦を強いられている雑誌業界では、読者の心をつかもうと「付録付き」の雑誌が定番になっている。とはいえ、そうした雑誌が増えるほど、逆に読者の奪い合いになる可能性もある。そんななか、宝島社とセブン-イレブン・ジャパンがタッグを組み付録雑誌で大成功しているとの情報を耳にした。一体何が起きているのか、ダ・ヴィンチニュース編集部が早速話をきいた。


    (左)宝島社皆川祐実さん(右)セブン-イレブン・ジャパン高山優子さん
    (左)宝島社皆川祐実さん(右)セブン-イレブン・ジャパン高山優子さん

    moz

     お話をうかがったのは、セブン-イレブン・ジャパンの商品開発担当の高山優子さんと宝島社マルチメディア局編集長の皆川祐実さん。「この商品がスタートでしたね…」とお二人がまず見せてくれたのは、2018年7月に出たセブン-イレブン限定の『moz(R) BIG BACKPACK BOOK special package』だった。書店でも大人気だった「ブランドブック」(A4サイズにおさめた付録がメインの商品)と同じものを、セブン-イレブン限定の透明パッケージに入れたところ大ヒット。全国に約2万1000店ある店舗のほとんどで展開し見事に完売。この商品だけで書店・コンビニあわせて累計40万部に到達したというから驚きだ。

    続きを読む