ダ・ヴィンチ - ワラウ

「なんでホームレスになったんですか?」14歳の素朴な疑問が社会を変えるきっかけに。失敗した人にも次の道を

2020年10月11日

  • 『14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」』(川口加奈/ダイヤモンド社)

     14歳で炊き出しの活動に参加したある中学生が、ホームレス状態の“おっちゃん”に残酷な質問を投げかけた。
     
    「なんで、ホームレスになったんですか? 勉強していたら、がんばっていたらホームレスにならなかったんじゃないですか?」
     
     質問を受けたおっちゃんが語ったのは、家が貧乏で畑仕事に追われ、勉強さえ満足にできなかったこと、中学卒業後すぐに日雇いの仕事を始め、馬車馬のように働いてきたこと、50歳を過ぎた頃から仕事がもらえなくなり、他の経験のなさから新しい仕事にも就けなかったことだった。決して怠惰だったわけではなく、選択肢のある環境にいられなかっただけだったのだ。
     
     それから15年経った今、当時14歳の中学生だった川口加奈さんは、「誰もが何度でも、やり直せる社会をつくりたい」との思いから認定NPO法人Homedoorを運営する。『14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」』(川口加奈/ダイヤモンド社)は、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019、日本を変える30歳未満の30人(フォーブス誌)など受賞歴も多い川口さんによる初の著書だ。

    続きを読む