ダ・ヴィンチ - ワラウ

菅総理が愛読する「最強のビジネス書」。元米国国務長官コリン・パウエルが書いたその内容とは

2020年10月15日

  • リーダーを目指す人の心得
    『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル、トニー・コルツ:著、井口耕二:訳/飛鳥新社)

     菅義偉内閣がいよいよ発足した。支持率は調査メディアによっては70%を超え、世間は祝福ムード。縦割り行政打破やデジタル庁創設、不妊治療の保険適用化などの新しい政策を打ち出しているが、菅総理はこれからの日本をどのように創り上げていくのか。多くの人がその政治手腕に期待を寄せている。


     そんな菅総理の愛読書として知られる本が今注目を集めている。その本とは、『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル、トニー・コルツ:著、井口耕二:訳/飛鳥新社)。黒人としてはじめて米国4軍を率いる統合参謀本部議長に就任、2001年から2005年までは国務長官を務め、4つの政権で政府の要職を歴任したコリン・パウエル氏が自らの仕事の流儀を記した1冊だ。2012年の単行本発売以来ロングセラーを続けてきたが(2017年に文庫化)、菅内閣が誕生したことで再び話題となり、累計発行部数は14万部を突破するなど、大きな話題を呼んでいるのだ。

    続きを読む