ダ・ヴィンチ - ワラウ

33歳で子宮頸がん治療のため子宮と卵巣を全摘した作者による闘病エッセイのそのあと

2020年10月14日

  • さよならしきゅう そのあと
    『さよならしきゅう そのあと』(岡田有希/講談社)

     身体の不調はほんの些細な兆候でも無視してはいけないのだ、ということを闘病ルポマンガ『さよならしきゅう』(岡田有希/講談社)から教わった。結果、なんの問題もなかったとしても無駄足だったと思う必要はない。大丈夫であることを確認するためにも医師にかかることは大事なのだと、続編『さよならしきゅう そのあと』を読んでも思う。


    「生理不順があるくらいで検査に来てくれて良かった。若い人はなかなか来ない! そして手遅れになる!」という医師の言葉が響いた前作。ラストには、術後5年が経ち「普通に日常を過ごしています」と元気な様子が描かれていたが、普通というのは“元通り”ということでは決してない。


     たとえば子宮がないということは生理もなくなるということで、解放感を得る一方で「太るのもイライラするのも原因が見つけられない」という事実に衝撃を受けるさまには、たしかに私たちは便利に生理を言い訳につかっている……! とはっとさせられた。周期に従って、自然と痩せやすくなるなんてこともないと気づいた作者・岡田有希さんの〈厄介者だと思っていた生理から恩恵を受けてたなんて気付かなかったな~〉という言葉はけっこう重い、と思う。恩恵とも気づかないほど当たり前に機能していた身体の一部が失われるのが、病なのだ。

    続きを読む