ダ・ヴィンチ - ワラウ

『鬼滅の刃』を共用費で購入!? 穏やかで楽しい“オタク女子のシェアハウス”

2020年10月17日

  • オタク女子が、4人で暮らしてみたら。
    『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』(藤谷千明/幻冬舎)

     仲のいい友人(独身)たちと「もし結婚しなかったら、将来一緒に住もうね」なんて話題で盛り上がったことがある人も多いはず。かくいうアラサーで独身の筆者も、親友と暮らす理想のシェアハウス話をつまみに、幾度となく酒を飲みました。


     先日発売された『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』(藤谷千明/幻冬舎)は、著者の藤谷千明さんが3人の“オタク女子”たちと過ごす日々を綴った共同生活エッセイ。


     タイトルにもある通り、本書に登場する4人の女性は、全員何かを推す(応援する)“オタク”な人々。著者の藤谷さんは、ヴィジュアル系を愛するフリーライター。彼女の15年来の友人・丸山さんはフリーランスの服飾作家として生計を立て、『週刊少年ジャンプ』やコスプレを推しています。IT系企業勤務の角田さんは舞台や和装、アイドルを推し、4人目の星野さんはお堅い企業で働きながら、ソーシャルゲームやアニメ、2.5次元舞台の推し活に心血を注ぐ女性。このように、メンバー全員がそれぞれのジャンルに、全力で愛情を注いでいるのです。

    続きを読む