ダ・ヴィンチ - ワラウ

朝の一歩と4時間後でチェック! その睡眠、本当に十分?/疲労回復の名医⑤

2020年10月16日

  • 人間は昼行性の生き物ですので、本来、昼に活動し、暗くなると眠るという生体リズムが、DNAに組み込まれています。


    これは、暗くなると脳内で生成される「メラトニン(睡眠ホルモン)」の影響によるものです。一方、朝起きたときに生成される「セロトニン」というホルモンは、起床後14~16時間経過するとメラトニンに変換されます。


    メラトニンの分泌を正常化するには、眠りに入る前の3時間、昼の光に近い白くて明るい光を浴びないようにするのが理想です。


    そのため就寝1時間前からは、テレビやパソコン、スマートフォンのモニターの発する刺激の強い光をできるだけ避け、夕焼け色に近いオレンジ色の照明を使ったり、間接照明で光を弱めたりしてみましょう。


    ベッドの中でスマートフォンの画面を見ながらSNSに興じるなどは、最も安眠から自分を遠ざける行為です。寝る前の読書も、好ましくありません。


    オレンジ色の光を演出するには、照明器具に市販のオレンジ色の耐熱フィルムを貼るなどの方法があります。

    続きを読む