ダ・ヴィンチ - ワラウ

もしも負ければ、私は死ぬ――。命をかけて将棋を指す女流棋士の戦いを描くマンガ『永世乙女の戦い方』の魅力

2020年10月17日

  • 永世乙女の戦い方
    『永世乙女の戦い方』(くずしろ:著、香川愛生女流三段:監修/小学館)

     将棋を指すのは、まさに「命がけ」なのだ――。単行本1巻を読み終え、肺の奥から感嘆とも驚愕ともつかない深いため息がこぼれた。これは『永世乙女の戦い方』(くずしろ:著、香川愛生女流三段:監修/小学館)の話である。


     将棋をテーマにした作品は数多くある。ぼくのように将棋を指す機会がほとんどない人間でも、棋士たちの戦いを見るのは興奮する。彼らが命をかけて将棋盤と向き合い、相手の思考の先を読み、勝負を挑んでいるからだ。それはすなわち、スポーツ観戦にも似ているだろう。そんな世界で生きる女性たち、所謂「女流棋士」にスポットライトを当てているのが『永世乙女の戦い方』なのだ。


     メインキャラクターとなるのは、早乙女香(さおとめ・こう)。17歳の高校生である彼女が大切にしているのは将棋で、それ以外のことはほとんど目に入っていない。女流棋士初段として、日々将棋に明け暮れている。物語は早乙女を通し、女流棋士の生き様や熱い戦いにフォーカスされていく。

    続きを読む